ホーム>BAITブログ

BAITブログ

トップウォータールアーのアクション

トップウォーターはアクションでかわる

 
  多くのトップウォータールアーが存在しますが、私がお勧めするルアーは、“ポッパータイプ  ”で、なぜこのタイプを勧めるかと言うと、最もアクションが派手であり、視認性が良い物が多いからです。
202265191234.JPEG
またポッパーは今回のアクションのお話しにいちばん近いタイプだと考えたので、是非 ポッパータイプをイメージしながら読んでいただくと、より分かりやすいと思います。
今回のルアーでは【ハイフローティングタイプ】の物になり、一般的なプラタイプの物では無く、ウッド製などになります。
 
 

ガボスルアーにリッピングを

 20226519146.JPG
 特にトップウォータールアーのアクションは大きく分けてトゥイッチング「クイックアクション」やジャーキングなどが一般的ですが、この二つのアクションにもうひとつ、是非 取り入れて欲しいアクションが【リッピングアクション】です。
202265191514.JPG
 ここで言うリッピングアクションとは、トップウォータールアーを意図的に【水面直下5〜10cmほど】沈めるアクションのことです。
 
リッピングアクションで大きく、強く引かれたルアーは、ボディ全体が【水中に潜っている】状態となり、ルアーは【浮くチカラ】と【沈むチカラ】が交互に複雑な状態で『上下左右などの動き』となり結果的に、ルアーの引いた後に【大きな波や渦】ができます。
 
このアクションで出た波や渦が、ターゲットに対して大きくアピールし、また刺激を与えたことにより、とても良い結果、釣果をもたらすからです。
202265191551.JPG
なお! 釣り用語【ルアーフィッシング】でもこの渦や泡を見たときの水面の状態を【ウォーターディスプレイス】と言いますので、是非覚えておいてください。
 
 
 

ルアーのアクション

 トゥイッチングからジャーキング、そこからリッピングアクションと連続した操作になりますが、ここでもう一度簡単な説明をいたします。
 
 

トゥイッチングアクション

 静止した状態から約10〜15cmくらいルアーを動かすのが、トゥイッチングであり、細かく動かすことからクイックやワンアクションなどと言われております。 
アクションのコツは、素早くルアーを動かし、ルアーに切れを出すように、レスポンス良く動かします。 
 
どちらかと言うとルアーを動かすというより【水面に浮いたラインで水を切る】というイメージでアクションを繰り返します。
また引く時は【強く激しく、短い移動距離】で動かします。
このことから1.2.クイックアクションとも言われます。
 
 

ジャーキングアクション

 ジャーキングアクションには大きく分けて二つのやり方があります。
 
基本的な操作の違いはそれ程ありませんが【ルアーの移動させる距離】などで変わります。
 
釣り人用語として使うのが【ショートジャーキング】と【ロングジャーキング】という言い方です。
 
このショートでもロングでも、ある程度の水深までロッドワークとリーリングで沈め、ある程度決めた水深まで潜らせた状態からアクションを始めます。
 
ここで言うジャーキングアクションとは『ジャーキング・ステイ・アクション』といい、ジャーキングしたルアーには必ず【ほんの一瞬、数秒間ルアーを止める、ステイする動きを入れる】ことも付け加えて覚えておいてください。
 
 

ショートジャーキング・ステイ

 ロッドワークで、ルアーを【約30〜50cmくらい動かしたのち、ほんの数秒間止めるやり方】をショートジャーキング・ステイと呼びます。
 
このショートジャーキング・ステイアクションが【いちばん多くの方がジャーキングとして使用しているアクション】で、いわば『ジャーキングの基本系』であり、このアクションだけは必ず繰り返し練習し、習得したいアクションです。
 
 

ロングジャーキング・ステイ

 このアクションを付ける際には、多くの場合【足元が高い場所やボートフィッシングでの使用が多くなります】が、ルアーの基本的な特性や特長を理解していれば、陸っぱりからでも、なんなく使用できるアクションです。
 
ロングジャーキング・ステイはルアーを一定の水深まで潜らせてから、アクションを付け始めます。
 
名前からも分かると思いますが、ロング&ステイなので、ルアーの移動距離は【1m~1.5mくらい一気に動かしてから一旦ピタッと止める】というやり方で、この一瞬止まる、ステイが【水中で数秒間止まっている】状態を意図的に作ることで、バイトを誘うやり方です。
ルアーを素早く長く泳がせ、ピタリと止める、このアクションを繰り返すことで、水をかき回し、ルアーボディからの音やひかりの反射なども利用し、バイトに持ち込むアクションスタイルです。
 
このアクションを上手く引き出すルアーは、基本的にはフローティングタイプのルアーが多く、ルアーをゆっくりとゆらゆらと浮かせて見せるなどのアクション効果も同時に狙っていますし、このジャーキングアクションは、特別な物を除いてほぼ全てのルアーに使用できるアクションです。
 
このふたつのショートとロングジャーキング・ステイアクションから変化や連続したアクションが【リッピングアクション】となりますが、リッピングアクションを付けるときは、【ステイ】止めることはせず、ジャーキングからリッピングに連続してつなげます。
 
 

ガボスポッパーにリッピングアクション

 
 20226519171.JPG
  視認性が良く、見ながら確認が出來るポッパーは、お勧めのルアーで、アクションを付けたときも、水シブキを上げ、ポップサウンドでも楽しめ、尚且つ、ルアーが水面直下を泳いでいる姿も見れるタイプなので、今回のお話にいちばん近いタイプだと思います。
 
 

ガボスのトゥイッチングからリッピング

 202265191911.JPG
 トゥイッチングは、ラインを強く弾くと水切り音が出ると思います。
ビシッ!ビシッ!やパンッ!パンッ!などとロッドを大きくあおるため、水面を叩くラインの音が聞こえ、このアクションを付けることが多いルアーは、
202265193439.JPG
一般に【ミノーやシャッド、ジャークベイトなど】を使用した際に付けるアクションとなりますが、一般のトップウォータールアーでも同様のアクションを上級者になると多く使い、このときのライン音がリズミカルに聞こえ、とても心地よいテンポになっていることに気づきます。
 
とくに玄人の方は、リズムも意図的に変えることの大切さも心得ていて、素人の方からすれば、今までのアクションから新たなアクションに変更したことも分からないくらい【自然】にアクションを変化させています。
 
この時のアクションが【リッピングアクション】で、このアクションを付けている方が非常に多くいます。
202265192029.JPG
 トップルアーでのトゥイッチングなどの「クイックアクション」は、ビシッ!ビシッ!パンッ!パンッ!と激しい音の後に、なぜか無音…  この無音こそが『最大の鍵』となり、この無音のアクションを作り出すことがとても大切だと心得ているからで、激しいトゥイッチングからの無音は「リッピングアクション」を行うと、必ず無音の時間を作っている事がわかります。
 
もちろん無音といっても「完全な無音」となるのでは無く、どちらかと言うと今までは、ラインが水面を弾く音が聞こえていましたが、リッピングアクションに変えたとたんに今度は、ルアーの独特なサウンドに変わり【ポコッポコッやボゴッボゴッ】というような音に変化して聞こえてきます。
 
このサウンドは、明らかにルアーが水中で上下に動き、カップから空気や泡が吐き出されたときのサウンドだとも想像できます。
リーリングで引かれたルアーは、上下左右へと変速的に浮き沈みを繰り返した結果が、低音のサウンドの正体ということになります。
202265192218.JPG
 トゥイッチングでは、水面をラインが弾く音がよく聞こえますが、リッピングアクションへと変わると、ラインを弾く音が無くなりラインで水を切っていくというより『リーリングで沈んだルアーを前方へと引き出すため、水や空気、泡を押す』ルアーを無理矢理に引いている状態で、ラインの弾くような音が無くなり、激しく煽っているにも関わらず、ラインの水切り音が一瞬聞こえない… それは間違いなくリッピングアクションを付けている時で、リッピングアクションが、綺麗に上手く出来ている時で、間違い無くその方は、私の知る限り上級者で玄人だという証だと思います。
202265192324.JPG
 貴方もガボスのリッピングアクションを上手く使いこなし、上級者の仲間入りを目指してください。
リッピングアクションはとても楽しいテクニックのひとつで、トップウォータールアーで、ひとつ上を目指せるテクニックになります。
もちろん釣果にもハッキリと差、結果が出ますので、是非 マスターすることをお勧めしますし【価値のある】テクニックとなります。
がんばって挑戦してみて下さい。
 

真冬のロングジャーキングでは、SPモデル

 また少し特殊なやり方は【真冬】にロングジャーキング&スーパーロング・ステイアクションという釣り方もありますが、
ここで使用するルアーは先ほどの物とは異なり【サスペンド、SPモデル】を使用するということで、こちらのサスペンドモデルに関しては、長くなりますので、べつの機会にご紹介します。
 
 
今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 
 
 
 

ご好評に付き欠品中です。

当店のご利用誠に有難うございます

 
ただ今、商品欠品中につき【オフショア】&
【ショア】ルアー サイズ150〜290mm 等に関しまして、仕上がりが大幅に遅れてしまい、
皆様にはたいへんご迷惑をおかけしております。
20225267481.JPG202252674917.JPG
商品が出来上がりしだい順次ご紹介、ご案内して
参りますので、何卒 ご理解のほどよろしくお願いします。
 
 
202252675514.jpg
また、商品画像などは、このまま掲載して置きますので、カラーリングや形状等のサンプル画像としてお役に立てれば幸いです。
 
これからも、TADルアーをよろしくお願いします。
 
 
 

シンキング系ミノーも使いこなす

FルアーとSルアー使い分ける

 初めての方は、どうしてもフローティングルアーを使用する事が多くなってしまいます。
2022514232026.JPG
もちろんフローティングルアーは、とても優れていて、良いルアーである事は、間違いがない事なのですが、魚が普段より『深場』にいる時や『活性が低い時』などは【ルアーを魚の目の前まで送り込む】ことがとても大切なことなのですが、フローティングルアーで、このテクニックを取得することは、多くの時間や経験をこなさ無くてはなりません。
 
【一定のレンジをキープすること】の能力や操作には正直言ってルアーにも、アングラーにも限界が有ります。 
この『水深を一定のレンジを攻めることが』比較的簡単にできるルアーが【シンキングタイプ】のルアーなのです。
 
 

TADシンキングはオーダーメイド

 ティーエーディーシンキングミノーは、とても特殊で、とても重要な位置に属する特別な存在のルアーとなります。
2022514232116.JPG
コレは価格的な問題もありますが、ルアー自体の操作が少々難しいことなども有り、基本的に全てが、フルオーダーメイド品として受け付けている物であるからです。
また特に大きな問題として少量での製作は、どうしてもコストがかかってしまいます。
そのためオーダーをいただいた時点で【一般販売用としての製作も一緒に行い、少しでもコストを抑えるように製作したい。】 と言うお話も、同時に承諾していただく事が多く有ります。 
またこの製作方法を行うことで初めての方でも「1本単位」での購入が楽になる事やシンキングタイプの「お試し購入」シンキングルアーへのハードルを下げられることも期待しております。
その際 各オーナー様の【貴重な経験談などもお話し】初めての方でも楽しく使用できるようにとアドバイスをし、わからない事などもお聞きする様にしております。
 
これは決して、高価なハンドメイドルアーだからでは無く!   これからの楽しいフィッシングライフ、シンキングルアータイプがもう一つの釣れるルアーになるようにと言う思いからです。
 
 

シンキングルアーの使い方

 
 シンキングタイプのルアーはなんと言っても、アングラーの使い方や操作次第で、表層を泳がせることも可能なルアーだと言うことも付け加えておきます。
2022514232240.JPG
このことは、あまり一般的に知られていないことだと思いますが、ある雑誌では、「上級者向けのテクニック」だと書いてありますが、このテクニックは、別にある程度【シンキングルアーに慣れれば】それほど難しいテクニックではありません。
 
この「シンキングルアーになれると言うことはルアーをロストしない場所で深場で使用し、根がかりが無い場所で使用するだけのことだと私は思っています】
百聞は一見にしかず…のように!
 
 

レンジキープキャスト

 

浅瀬から深場へ

 先ずはキャストでは必ず「フェザリング、サミング」を行うことが大切で、糸、ラインの放出を抑えるテクニックです。
次にロッドを立てた状態をキープし、その後、徐々にロッドを低く構え、リーリングスピードでレンジを狙って行きます。
2022514232333.jpg
 
 

TADからのアドバイス

 キャストは、普段より『少し高めの位置』から水面に叩き落とすようなイメージでキャストします。
このやり方は【浅瀬に迷い込んだベイトを演出でき、同時に音でもアピールができるからです。】
また過去にこのキャストでした方が【良い釣果の経験をしたことが多いからです。】私的には、皆さんにおすすめしております。 
もちろん普段通りのキャストでも、なんの問題は有りません。
リーリングとロッドアクションでアピールしますが、この場合のロッドアクションは、トゥィチングがメインとなりますが、その他は、貴方の好きなアクションで良いと思います。
2022514232413.jpg
 
 

深場から浅瀬へ

 深場へキャストをした後に、基本的には、ロッドワークによるジャーキングやトゥッチングアクションがメインになりますが、この時に大切なことは「リッピングアクション」をとり入れることです。  
2022514232447.jpg
このリッピングアクションを入れることで【ダラダラやスーッと逃げる】アクションが出せることやリッピングアクションから突然のジャーキングを入れることで、ルアーの動きに不規則や変化を付けることができるからです。 
また多くの場合、ルアーの泳ぎが【止まらない】ことからボトムの変化などにも素早く対応ができ、想像以上にルアーの「無駄なロスト」根がかりの対策や障害物の回避などにもなるからです。
必ずこのリッピングアクションを忘れずにとり入れてください。
 
 

TADからのアドバイス

 キャストはできるだけ、低めのラナーキャストをお勧めします。
2022514232538.JPG
ラナーキャストにすることで、クルージングやスクーリングしている魚に対し、無駄なプレッシャーをかけなくなる事と、水面へとルアーが侵入した時の衝突も比較的に静かになりターゲットにアピールすることが、きわめて自然な状態へと近くなるからです。
この時にシンキングルアーの「最大の大敵」である水面との衝撃で出来る破壊「傷やひび割れ」なども少なくて済みます。
また ラナーキャストの良い点は、着水後、素早くルアーのアクションと回収【リーリング】が出来ることなどが、最大のチャンスへと繋がります。
 
 
 

F&Sは使えば使うほど

 まだ多くのメリット、メソッドが隠されている、シンキングタイプのルアーで、その多くのテクニックがアングラー次第で色々変わり、数多くのルアーの中でも、非常に優れたルアーで有ることが、長年ルアーフィッシングを経験している上級者の方からも特に好まれ、また支持されているルアーです。
2022514232617.JPG
シンキングルアーは【使えば使うほど、慣れれば慣れるほど】アングラー個々の、数々のテクニックが増えおり、いろんなアクションが使用できるルアーなので、とても重宝がられていることも付け加えておきます。
またこのシンキングルアーは、いろんなルアーが存在するなか、とても静かに、優しくアクションを付けるアングラーが多いことも事実です。
 
シンキングルアーのアクションを表現するときに【ゆっくりと】や【ゆったり】漂わせながら使用するルアーだと言う上級者のアングラーさんもいるくらいです。
 

多くの経験者が好むルアー

 シンキングタイプのルアーは、初心者や経験の浅い方すれば、とても【やっかいなルアー】とも思えますが、しかしこのルアーを「一度も使わない訳にはいかず、また使い慣れずには、良い釣りが出来ません。」 
2022514232659.JPG
どんなに上手な使い手の経験者だとしても
【最初は皆、初心者ですょ。】 
シンキングルアーも!自信を持って使い、また使い続けてみて下さい。
 
その先には、また新たなルアー   フィッシングの世界が開けますし、次回の釣果の際には、ビッグワンが狙えるかもしれません。 
 
最後になりますが!事実として、どちらかと言えば!上級の方は【フローティングタイプ】より【シンキングタイプ】の方を好む傾向が有るように思えますし、シンキングタイプのルアーは、ルアーウェイトが重いため、良く飛びますし【より広範囲に探る事が出来るルアーだから】だとも言います。
2022514232758.JPG
あなたも 是非シンキングルアーの使い手、魔術師になれるように今より上のアングラーを目指して頑張ってください。
また ルアーフィッシングの扉を叩いてみてください。
 
今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
 
 
 

フローティングルアーの浮き上がり方

ルアーの浮き方

 202254203655.JPG
 フローティングルアーの最大の特長は、なんと言っても、ルアーの浮き上がり方だと思います。 
皆さんは、フローティングルアーが浮き上がるときの姿勢を気にしたことはありますか?
 
 

フローティングルアーのストーリー

 チカラ強いラナーキャストで放たれたルアーは、
風を切り裂き一直線に水面へと向かい静かにダイブする。
 
その後ルアーは自然の力でゆっくりと水面に浮上、
アングラーからの命令がラインを通して伝わり、
今まで水面上で無表情だったルアーが、まるで別の世界から来た物のように息をふき返し、優しく動き始めた次の瞬間、突然何かに追われた物のように激しく水面を上下左右に掻き分けながらアングラーの元へと帰ってくる。
 
また別の時には、この一連のアクションにより、猛烈なフィッシュイーターからの攻撃を受けとめてアングラーの元へとそっと差し出す。
 
 
 

フローティングルアーは楽しい

  こんなドラマ、ストーリーを自分で描けることから、フローティングルアーと言うゲームの楽しい所であり、辞められないところでもあろう。
202254203756.JPG
もちろん毎回、ワンキャストごとに魚が釣れれば、
それはそれで良いことなのかもしれませんが、
フローティングルアーという釣りは、ルアーの動き
【操作】アングラー自身が操作することが、ひとつの楽しみで有り、ルアーフィッシングのなかで、
唯一無二のフローティングルアーでの醍醐味であり、浮いているルアーの「アクションを付ける、加える」ということがいちばんで、また「目で追いながらや、目で見ながらの操作ができる」という点でもありますし、だからこそフローティングルアーは楽しいルアーとなります。
 
 
 

浮き上がり姿勢の基本

  こんなに楽しいフローティングアクションのルアーですが、特に個々のルアーの個性を出すことも、とても大切だと考えております。
202254203832.JPG
そのなかでも、TADルアーでは【キャスト後の浮き上がり方】を大切にし、ルアーが浮き上がる時にターゲットに対して大アピールすることが出来る大切な時間で、この時間のことを【ファーストアクション】だとも考えており、多くの経験から、この時にターゲットからのコンタクトヒットが多くなるからです。
 
先ずはその浮き上がり方の姿勢やアクションについて説明すると【前傾姿勢、限りなく水平、後方姿勢】など、大きく分けて3通り、3アクションに分けられます。 厳密に言えばもう少し多く、又細かくなりますがこのくらいで、今回は ご理解のほど宜しくお願いします。
 
 
 

ルアーが浮上する時の姿勢

 
1      前傾姿勢
 一般的にアタマを下げた姿勢です。
TADでは、エリアトラウト系や渓流トラウトモデルなどにも採用しておりますが、バス用【冬期限定モデル】などにもあり。
主にショア&オフショア用ビッグミノーやジャークベイト用に多く採用しております。
 
2     限りなく水平
あまり一般のプラルアーでは見かけないタイプです。
TADでは、水平姿勢のスーパーフローティングタイプのモデルに多く採用しております。
バス用、トラウト用、シーバス用などのミノーやジャークベイトなどが多く有ります。
 
3     後方姿勢
多くのプラスチック製ルアーにも採用されているモデルです。
TADでは、鼻上げモデルとして、トラウト用、バス用、シーバス用、ショア用、オフショア用などに多く採用しております。
 
 
 このように浮き上がり方、浮き姿勢と一言に言っても、企画した段階で多くの物は決まっており、実際に製作したルアーに対しては、少し手を加える程度になることが多いと思いますし、ルアーその物を企画した段階で90%は○○姿勢にすることと決まっているからです。
又 浮き上がり姿勢は、そのルアーの最初の第一アクションが決まる大切なことであり、この辺りでもOKとして決まれば、ほぼ完成している物になると思います。 
202254203918.JPG
当然ですが、この先にはスイム姿勢などのルアー本来のテストが待っています。
このスイムテストは、水槽テストからフィールドテストまで行うため、仕上がりまでに多くの時間の掛かる作業なのです。
202254203954.JPG
例えば、オフショア用は、水槽テストは、20%程度で行い、もちろん寒い時期にこのテストは出来ません。
またバス、トラウト、シーバスモデルも時期を外すと、しっかりとしたテストが出来ないからであり、まして新作のテストとなるとどうしても【ワンシーズンでの完成は難しく】なってしまいます。
 
 
今回も非常に簡単に書きましたが、これからは各ルアー別にこの辺りも含め書き出して行きますので、貴方が気になる個々のルアーごとに読んでいただけると今まで以上に分かり安くなると思います。 
 
 

これからが本番突入です。

 
 202254204313.JPG
 GWも終わりが近くなりましたが、ルアーフィッシングで言うと、これからが本番だという方も多くおられると思いますが、ハイシーズンに向かっての準備を怠らないようにし、また 実釣の際は、くれぐれもお気をつけ下さい。
今年も良い釣りができますようにお祈りしております。
 
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。  
 
Let's do good fishing and protect
the better natural environment,
hope you can do good fishing   
 
 
 

ミノーとジャークベイトのリップ

この時期はルアーに変化をつける

 ここ数日の気温差で、いつも通りの釣りが上手くできなくなっていませんか?
私も毎年この時期になると日々の変化に対応することから「あれこれ考え」気付けば「手持ちのルアーを全て投げ尽くしている」なんて日も多くあります。
2022430184333.JPG
もちろん私の場合 ハードベイトの【ミノーとジャークベイト】が多くなります。
   【え?  ミノーやジャークベイトなら、この時期はいろいろ使っているょ】思う方も多いと思いますが、TADのハードベイトには、この時期ならではのリップの変更したプロトタイプのテストなどを多くする時期でもあります。
そのなかから良かった物を参考に、次のルアー開発や製作に取り掛かります。
  ☆   現在工房を一時休業中  ☆
参考画像が粗くなりますがご理解の程よろしくお願いします。
 
 

リップサイズを変更する

 ルアーケースの中には、ミノーやジャークベイトが、多く入っていると思いますが、それはいったいなぜですか?
2022430184452.JPG
先ずは簡単な発想から始めますが、なかでもいちばん簡単にできることが、各ルアーの【リップサイズ】を変更することから試します。
このリップ変更は、現在付いているリップをもう一度見直し、もう少し自分なりのフィッシングスタイルを考えてみることです。
 
皆さんも頻繁に使用するルアーのリップをもう一度確認し、何が足りないのかを考えてみることと、新たな発想で、また新しい使い方や攻め方などが見えてくると思います。
 
もちろん市販されている物は、ほぼ完成品だと思いますが、それはただ単に貴方がそう【思い込んでいるだけ】かもしれません。
   ☆過去の経験から釣れたから
   ☆各地の情報からセレクトした
   ☆友人知人、ショップから勧められた 
2022430184822.JPG
などのさまざまな理由からだと思いますが、本当にそれで合っていましたか?
 
ルアーの楽しいところは【自分なりに考えたチュウニングができる】ということもひとつの楽しみ方だと思いますし、また チュウニングしたルアーであれば 【釣れた時の感動や喜びも】倍増することでしょう。
 
 
 

プラルアーを自分の物にする

 一般的なプラルアーも含めて、一番最初に何をおすすめするか【狙うターゲットでも変わりますが】私の場合には、プラルアーと同時に、私が製作したルアーも含めてのアドバイスをしております。
2022430184917.JPG
この考えは、いくらTADルアーでも【無いアクションやデザイン】などがあるからです。 
例えば、一般的な【サスペンド、SP】タイプなどは、TADルアーでは無いモデルとなります。 
 
そのためサスペンドタイプが良い時期などでは、○○メーカーのサスペンドタイプをお勧めしておりますし、ミノー系ルアーが良い時期であれば、ジャークベイトやミノーをお勧めしております。
 
また私の考えでは【いちばん魚に見える事とルアーフィッシングに必要なことが、投げる、引く、止めるなどの操作ができ使っていても楽しいルアーだからです。】これは【ミノーやジャークベイトが初心者の方でも非常に釣れやすいルアーだとしてお勧めしております。】  
もちろん、その方の経験などを考慮し、その方にあった物をセレクトすると言うことが大前提です。
2022430185025.JPG
なお!【バス釣りであれば、クランクベイトもお勧めしています。】
 
やはりお勧めするルアーは、TADのルアーになり…… ではなく!  今、ご自身がいちばん使い慣れている物や好きなルアーで、もう一つ踏み込んだ使い方をアドバイスします。
当然プラ製ルアーの相談や質問が一般的に多くなりますが、私はこれもひとつの大切なこととして考えているため、私の知る限りのアドバイスをします。
2022430191348.JPG
この相談の中には、プラルアーのチューニングなども多くなります。
このプラルアーのチューニングの方が、簡単に改造などができる点や失敗したとしても比較的に入手しやすいということからです。
 
再度、同じサイズを入手することもでき【改造した物】とノーマルとの比較が簡単にできると言う点からもお勧めしております。
 
その中でも私が、おすすめの改良は【リップの形を変えてみる】と言うことで、コレがいちばんカンタンで、見た目のアクションの違う物ができるということです。
 
 

オリジナルリップから変える

2022430185124.JPG
 オリジナルルアーからのチューニングでいちばん簡単で、見た目での効果が出やすいのが、
リップの変更、チューニングです。
 
1  長さを変更する
2022430185213.JPG
  リップを【短く削る】
リップの付け根からの「長さを測り」全体の30%までを最大限とし削り落とすやり方です。
 
 効果     スタートアクションが「遅くなる」「引き抵抗が緩やかに」「ハイスピードで引ける」
 
主に   フローティング系やシンキング系
No good   潜る深度が浅くなる、一定の深度調整が難しい
 
 
2  幅を細くする
2022430185250.JPG
   リップの【前方を削る 】
前方、左右を最大で10%程  それ以上は、あまりお勧めできない。
 
効果     スタートは滑らかになるが、その分泳ぎ出すタイミングは遅れる。
ハイスピード引きが楽になり、引き抵抗も弱くなるが、上下に揺れるや潜る時間が短くなるなど。
 
主に  フローティング系ワイドアクション系
No good  立ち上がるまでの時間が長い
 
 
3  左右の角を取る
2022430185324.JPG
   リップの【角を丸くする】角を取ることで緩やかに動き始め大きなアクションを付けた時でも、引き抵抗が弱く、ストップand ゴーがやりやすい。
 
リップの付け根にかかるチカラが弱くなるが、クイックなアクションは苦手になる。
 
主に    シンキング系ダイビング系
No good  スローアクションが出にくい
 
 
 4  裏側を薄くする
2022430185351.JPG
    リップの前方から【付け根】まで前方を削ることで「クイック」になる
リップ全体を削ることで、スタートからストップandゴーまで綺麗に出せる。
 
泳ぎ出しのスピードが速くなりボディの浮き上がりも速くなる。
 
主に    フローティング系サスペンド系
No good   耐久性が無く、折れや割れる
 
 
5  付け根を曲げる
 
   ライターの火であぶる等、スタートスピード時に 頭を下げることで、ストップand ゴーのアクションで
浮き上がろうとするボディをもう一度同じ深度にできる。
 
主に    サスペンド系 シンキング系
No good   季節限定での設定、割れや折れることが多くなる。
 
大まかな説明となりましたが、いちばん分かりやすく、め立アクションになります。
 
このようにリップのチューニングだけでも挑戦してみると【ルアーの難しさや、チューニングの楽しさ】なども勉強になり、次のルアーを選ぶ時などにリップの構造やボディスタイルなども参考になりますし、フィールドで使用していた時に【この場所は、あの○○○チューニングのルアーで攻めた方が良いなぁ】などと考える様になることで、今まで以上の釣果を引き出せるようになることでしょう。 
2022430191650.JPG
ルアーチューニングを考えることは、自身の成長や進歩になりますので、是非 挑戦してみて下さい。
 
また、本来のルアーチューニングとは、別のことをやっている方も多く、私から見れば NG な作業を行っている方も多く見かけます。
では、駄目なチューニングとは、何か!!!
 
 

ルアーのチューニングは

 最後になりましたが、ルアーチューニングとはルアーのレスポンスを上げる事が目的だということです。】 また【ご自身が使いやすい物にすることです。】
 
時々、ルアーをチューニングをする際に単に【ウェイトを貼る】などのことを【優れた良い情報】と考えている方がおりますが、このやり方は、ルアーアクションを《マイナス方向》にすることで、《この考え方は、NO GOOD な考え方で、デッドチューニング、デチューンとも言われるやり方になりますので!!お間違えないようにして下さい。》
 
競技車両やレース使用に仕上げるために【重くする】ことをチューニングとは言わないのと同じ考え方です。
 
まだまだルアーチューニングは、多く有りますが
【やり過ぎ無い程度が良い】こともあります。
今回は、どなたでも簡単にできるやり方のご紹介しました。
また機会がありましたら…その他のルアーチューニング方法もご紹介したいと思っています。
 
 
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
 

ミノールアーの釣りを楽しむ

ミノーやジャークベイトを楽しむ

 
 2022428026.JPG
 もう既にだいぶ暑くなり、完全にシーズンインと言っても良い感じになり、各地からたくさんの魚が釣れ始めているという声を聞くようになりました。
 
日々のルアーテストの際にフィールドで聞かれた事や今年で3年目と言うアングラーさんを見ていた時に気づいたことが【ミノーやジャークベイトのアクション】の付け方やミノーとジャークベイトの違いなどを聞かれる事です。
 
そんな事から今回のテーマにしてみましたが、長くなりますので、なるべく短くまとめてみました。
個々のテーマにつきましては、又別の機会に書きたいと思います。
 
 

ミノーとジャークベイト

 この話しも、良く聞かれる事で、ミノーとジャークベイトとの明確な違いのことです。
2022428059.JPG
先ずは、ミノーと言うルアーは、【小魚など】と言うイメージやなんとなく「トラウトルアー」だと言うイメージを持たれる方も多く、バス用ルアーなどでは「ジャークベイト」と言う方も多くおります。
 
確かにルアー業界の「表現的」には、間違えのない言い方なのですが、ルアー製作している者から言えば、ミノーは【細身のルアーであり、主にトゥイッチング操作やただ巻きなどで使用する】ことだと簡単な説明をします。
私の製作しているミノーとは、細身であり、どちらかと言うと「ローリング系アクション等でピカピカとアピールするもの」が多くなります
また、ジャークベイトは、その名の通り、ジャーキング【ロッドを大きくアオることと同時に素早くリールを巻くなど】の操作で、アピールするルアーとなり、そのように説明していますが、ジャークベイトでは、『ウォブリング系アクションでルアーのボディを左右に倒しながらピカピカと光りアピールするものとして区別し製作しております。
 
これは、全体的に最初に目立つアクションの表現であり、実際のルアーでは【ウォブンロール系アクション】と言う言い方のほうがわかりやすく、又、ルアー全体的に「ローリング系」『ウォブリング系』「ウォブンロール系」などと言いますが、このルアー用語は、実際のところ「コレと言うハッキリとした明確な決め事などは無い」と言うのが本当のことです。
 
*このルアーアクションに付いては長くなりますので又、改めて書きます。
 
 

ルアーに例えるベイト

 20224280723.JPG
 ミノーとジャークベイトを大きなカテゴリーとして説明する際は、
ミノーは【細身の小魚】をワカサギやハヤなどと例えます。
ジャークベイトは【シャッドやフナ】のような「少し体高があり、太身の魚」と例えることが多くなります。
 
この言い方や解釈が、現在のルアー用語に近いかもしれませんし、又、この説明のほうが、多くのルアーマンには理解していただける様にも感じます。
またカラーリングでも少し変わり「リアル系ではミノー」が多く使用される場合が多くなります。
 
特に【クリアウォーター水系】での使用が大半だと言うこともありますが、クリアウォーターだからといって、リアル系だけではなく、黒金やブラウン系の色も多く使用されることが多くなります。
又、このサイズやルアーのカラーリングに関しても、個々のアングラーの考えかたや経験などからも大きく変わると言うことも同時に存在します。
 
 

ミノーのサイズとジャークベイトのサイズ

 私が今までに多くのかたからのオーダーをいただいた際に、ルアーサイズによりカラーリングを変える方が多く【マッチザベイト】的な考え方が多く働いているように感じました。
20224280816.JPG
この考え方も多くの事を経験したことからだと思いますし、私も製作している中にひとつのヒントとして取り入れさせていただいております。
ルアーアクションにもこのカラーリングがとても大切であると言う事も、同時に勉強になりTADルアーに取り入れており、この大切な皆さんの経験などから、ミノーとジャークベイトサイズの違いやカラーリング、アクションへのこだわりもTADは大切にしております。
 
 

ルアーサイズの大と小

 ミノーは、【細身の魚】であり、ジャークベイトは、【体高がある魚】と言うことを説明しましたが、この話しのなかにも【サイズを意識した】ルアーサイズの動かし方が見えてくると思います。
20224280944.jpg
ルアーが細身のミノーと言う点からも、その季節に合ったサイズを感じることもでき、そのサイズからのルアーアクションは【トゥイッチング】が最適であると思えますし、ジャークベイトに関して言えば、ミノーより大きな魚となればルアーアクションも自然と大きく、大胆な動きとなります。
202242801054.JPG
このことを前提に私的にアドバイスをすると
「ミノーは、小さなアクションを使い、基本はリールによる優しいステディーリトリーブと考え」
 
「ジャークベイトは、大小の力強いジャーキングであり、突発的に動くや止まるなどを交えた、ロッドアクションで誘う使い方でのアクションだと考えております。」   
202242801145.JPG
またミノーにもジャークベイトにも取り入れると良いアクションが「リッピング」と言うやり方、テクニックで【ルアーを素早く一気に引く】潜らせ、移動させ【一気に逃げ惑わせる】ようなアクションで、この動きはとても良く、いろんなフィッシュイーターの釣りに使えると言うアクションです。 
このリッピングというテクニックはほぼ全てのルアーにも【クランクやバイブ、ソフトミノールアーまで】に使えるテクニックです。
 
なぜこのリッピングアクションをお勧めするかというと、ここ数年、一般の方でこのテクニックを使っている所を見た事が無かったからでもあり、ルアーが今まで以上にキラキラとして見えるアクションであるからです。
 
 

ミノーとジャークベイトカラー

 特にミノー系ルアーのカラーリングは、魚にその姿を見せて釣るようにも考えており、その中でもリアル系のカラーリングが、どちらかというとお勧めできるカラーだと思っています。
なお リアル系カラーリングは、貴方のお好みで良いと思います。
202242801246.JPG
私からのカラーリングのアドバイスは、最低3色は準備しておいた方が良く、リアルカラー、黒金、ベイトシルバーなどで、この他にも多くのカラーリングがありますので、先ほどの3色をベースに考えて、フィールドにあったカラーリングを組み立てる事も楽しいと思います。
ミノー系には、余り奇抜なカラーリングの物が無いことなどもあり、ご自身で、4色めや5色めを考えてみることや使用しルアーのカラーチェンジを楽しむことも楽しいことだと思います。
 
またジャークベイトは「フローティングタイプとして」そのサイズの大きさや体高の高さから、どちらかと言うと、ジャーキングでのストップandゴーなどのアクションやスタイルで使用することを前提に作られている為、ルアーボディのカラーリングもルアー全体で【リアクションや瞬発的なアクション】で「引き寄せ、口をつかわせる」ようにと考えているルアーが多いこが事実です。
そのためカラーに関しても、どちらかというとリアル系カラーリングより【アトラクト系やリアクション系】が多く【金赤、グリーンチャート、ゴールドレインボー、キャンディーなど】良く目立つカラーリングが多くなります。
 
 

ミノーもジャークベイトもひとつ

 このようにミノーとジャークベイトを区別していますが、実は基本的には同じカテゴリーのルアーと言うことが事実なのですが、なぜか日本製のルアーでは、呼び方を変えています。 
コレは、国内にルアーフィッシングが広がった時代に、多くの釣りが トラウトを対象魚とした事で、トラウトルアーの呼び方が「ミノーフィッシング」と言う言い方や呼び方をしたことでは無いかと思いますし、これも諸説あるようですがはっきりとした事や誰からいつ伝わったことなのかも良く分からないと言うことが本当のこたえだと思います。
 
ルアーを製作している者としての答えでは無い様に見えますが、ルアーとしての答えや解釈は、このくらいで良いのではと思います。
20224280148.JPG
ミノーでありジャークベイトだったとしても、ひとつのルアーカテゴリーとして良く釣れるルアーであることに何ら変わりがないからで、又その呼び方を時代と共に変えたとしても、アングラー同士の話の内容が伝わる以上コレでヨシとしております。
 
   【まぁ 昨今では、ルアーを個々の名前で呼んでいる方のほうが多くいるようにも感じますが】
私のようにサイズやアクションで呼ぶような方の方が少ないように感じます。
202242801449.JPG
貴方は、ミノーと呼びますか? それともジャークベイトと呼びますか? 
こんなことでも、時代と共に変わって行くことも、また新しいルアーフィッシングの幕開けなのかもしれませんね。  
 

ミノーやジャークベイトの釣り

 本当に楽しいスタイルの釣りだと思いますので、次回フィールドに立ったら、先ずはこのルアーから試してみてください。
このルアーを使い続けることで、今までに経験した事が無い釣りの醍醐味も同時に味わえることでしょう。
ルアーのことですが!荒削りのような説明となりましたが、ミノーとジャークベイトフィッシングを楽しんでください。
 
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 
 
 
 

捕食音系サウンドにこだわる

捕食音系サウンドガボスポッパー

 TADルアーには多くのトップウォータールアーが有り、なかでもバス用トップウォータープリムプシリーズの「ガボス80」をご紹介します。
ガボス 80mm のこのトップウォーターは現在のルアーではあまり見かけなくなった【捕食音系サウンド】にこだわり、ボディサイズをなるべく丸く小さくし、ポップサウンドもナチュラルな音で、強く引いた時でも、移動距離が短くするということを課題に製作したルアーです。
2022418195628.JPG2022418195742.JPG2022418195838.jpg
このような全ての考えを【プリムプベイトシリーズ】としてグループ化しております。
 
 

ガボストップウォーター

 その中でガボスシリーズは、現在3タイプと豊富なボディ形状が有ります。
202241820027.jpg
このガボスルアーは【丸型でずんぐり】とした型ちをしているため、一般的な丸型ルアーでは、クランクベイトをイメージして頂けるといちばん良いと思います。
 
 

丸型ガボスポッパールアーの特長

 20224182014.JPG202241820653.JPG
 ガボスの丸型形状は「バス」が簡単に捕食出来るようにと考えた型ちで、この形状は、13グラムというウェイトにもかかわらず「ハイフローティング設定」で、浮き上がりも素早く、ファーストアクションでも「モタ付く」ようなことはありません。
 
また連続したトゥイッチングアクションでも楽しめ、トップウォータールアーでありがちな【だらだらと流れる】や【ポイントから外れる】などのアクションも抑えられますので、貴方の意のままにストップアンドゴーのアクションを楽しめるルアーです。
 
 

キックバックアクション

202241820236.JPG
 強く激しく引いたり、弱く優しく引いたりとすることでも、このルアーは驚くほどアピールできます。
最大の特長が、大型のフロントカップで、引いた時、ほど良い抵抗となり、ボディを後ろへと下げる【キックバックアクション】もこのルアーの得意技で、ガボスの持ち味です。
キックバックアクションは、後方から追って来たプレデターからは、あたかも「ルアーが近づいて来た」ようなアクションとなり、おもわず口を開けてしまいます。
202241820351.JPG
またキックバックアクションは、下方向のプレデターからみると【一瞬止まった】かのようにもみえることで、とても良いアクションです。
このようにトップウォータールアーの様々なアクションが、比較的簡単に出すことが出来る楽しいルアーです。
もちろんガボスルアーのオーナーさん独自の
「可変アクション」もまだまだ多く存在していますが、この先は、貴方の操作、アクションで大きく変わる事も楽しいことだと思います。
 
 

ガボス捕食系サウンド

20224182053.JPG
 気になるポップ音ですが「捕食音系のナチュラルサウンド」となり、ルアーで言うと【チャガー音】という表現になりボコン〜ボコン〜やボホン〜ボホン〜など系のサウンドになるように製作しました。
 
このポップ音、サウンドは自然界では、自然なサウンドで、プレデターの【捕食活動がより活発になる】ことやプレデター【本来の姿に戻るきっかけ】になることでしょう。
 
また貴方も、この捕食系サウンドを一度聞いてしまうと、このナチュラルサウンドに納得でき、ルアーフィッシャーマンであれば、きっと驚き、このルアーを投げ続けてしまうかも知れません。
逆を言えば、それだけ優しいサウンドに仕上げたことにも、ご理解をいただけるルアーだと思います。
 

ルアースペック

 
  • Material   ハードバルサ
  • Length     80mm 
  • Weight     13g 
  • Type          Super floating
  • 最大深度    100mm〜
 

ルアーフィッシングと作りに終わりはない

202241820547.JPG
 少しお茶目な、このプリムプシリーズ、ガボストップウォータールアーもまだまだ開発、進化の途中だと考えていただいて良いルアーのひとつですから、是非 貴方もこのガボスルアー&プリムプシリーズで楽しいルアーフィッシングライフを味わってみてはいかがでしょうか。
 
またこんなルアーが欲しいなどのご意見をお聞かせください。
いつになったら終わるのやら…ですが、
終わりの無いルアーフィッシングの楽しいところですね。
 
今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
 
 
 

ルアーラインアイとライン

ルアーラインアイが気になる

 皆さんは、良く良くルアーを見てあれ? と、思ったことはありませんか?
とくにリアル系と言われている物を見たときです。
20224212710.JPG
私の見方が、変なのかもしれませんけれど…
でも皆さん良く観てください。
リアル系でこんなに綺麗に作っているのにもかかわらず『鼻先に丸い針金』が付いていて、尚且つ!
ボディから飛び出している。
このことは、ルアーを知らない方から言われた経験があり、確かにそう言われてみればと!笑ったことを覚えています。
 

ルアーラインアイを隠すことを考え

 このことから暫くラインアイをボディに隠すことばかりしばらく考え、、一応形にもしてみましたが、上手く行かず【どうすれば綺麗に一体的に隠せるか?】を考えましたが、いろいろ問題が生じ無理でした。 
なんとなくもう少し時間をかければ良い案が浮かぶかもしれませんが、今のところ難しいようです。
20224212831.JPG
ルアーラインアイを隠すには、どうしたらいいのか?
幾ら思考錯誤してもこの時は、良い物が出来ませんでした。
 
その内容は次のような事でした。
【ボディ内部に隠すことにより、アクションの制限が多くなる】
【一体にするとラインアイを開けたところが、部分的に弱くなり、塗装が剥げる】などが有りますが、最低でもこの辺りをクリアできるようにならなくてはなりません。 
いつになるかまだ分かりませんが、きっと成功させたいと…考えております。
 
 

ルアーラインとラインアイ

 先ず貴方は、ルアーラインについて「良く考える方ですか?」それとも、いつもの様に「あのメーカーのラインをまた使おう」と決めてしまう方ですか?
 
ラインでも、あれこれと考える私なので、少しお話ししようと思ったのです。
また今回は、ラインの他にラインアイ「ラインを結ぶ所」についても考えてみようと思います。
 

ラインは基本ナイロン製

 私は週3日から4日は、ルアーテストを行なっていますから、メインラインの消耗がとても激しく、
2回に1回の割合で、全て交換しています。
20224213146.JPG
なぜ これほどまでに多く交換するかというと、使用するルアーが【プロトタイプ】や【仕上がり寸前の最終テスト商品】なので大切に扱わなくてはならないからです。
 
使用してるラインは、次の通りで、私の場合には、
ほぼ100%ナイロン製を使用しております。
 
バス用          12lb.14ld.16lb.20lb.30lb
シーバス用 10lb.12lb.16lb 
リーダー    25lb.30lb.50lb 
リーダーは、フロロカーボン製を使用しテスト致しますが、メインラインは、ナイロン製ラインで、これは多くの方が一番使用している物だからです。
 
また これとは別に、トラウト用やビッグベイト用などもあり、そのルアーに合う物やオーナー様のご意見をお聞きして選んで使用しております。
そのため、TADが推奨やお勧めしている物やメーカーなどはありませんし、ラインアイとの相性が「良い」や「悪い」などということも無く、ナイロン製からPE製ラインまで、何の問題もなく使用できるように、製作しております。 
 
 

大きな負荷で変形しても

 スタートアクションはとても大切であるのですが、ラインアイ「鼻先の部分」の【変形】や【曲がり】に気が付いていない方も多くおります。
20224213328.JPG
「楕円形状況」になっている物で、この楕円形形状の物は、大きな魚をかけたときや根がかりを外した際に、どうしても一点に力が掛かり多少変形します
これは使用していればどうにもならないことですが、変形や曲がりも簡単なテストでその判断ができます。
 
 
先ずは、変形しているかは、目で見て「縦横」を確認し、その後、実際にルアーを投げ、使用するテストになります。
ラインアイに通常通り、ラインを結び、そのラインをカットし、次に、最初結んだラインの横「左右どちらでも良い」にもう一度ラインを結びます。
20224213421.JPG
    この段階で2個の結び目が出来ます。
 
2個結んだラインを左右に広げて2個のラインの真ん中に、もう一つリールからのメインラインを結びます。 
20224213520.JPG
   トータルで3個結びめを作ります。
これでテストの準備ができました。
 
結びめが3箇所あるルアーを投げてみると、真っ直ぐに泳いでくるはずですが、微妙な状態でも左右や上下に、泳ぐ物は調整が必要な物だと判断できます。
またテスト時のアクションは【3アクションめ】が目安になり、このアクションを何度か繰り返すことで「左右」や「上下」の細かな調整もできます。
 
直し方は【向いてしまう方】の『逆側』ラインが結んで有る方にラインアイを傾けることです。
何気なく使用しているうちに【スタートアクションが変わっている】なんてことも有りますから、時々チェックしてみることを心がけてください。
キャストして、1番最初のスタートアクションは、その後の釣果にも差が出る大切なことですから、小まめな調整を心掛けてください。
 
 

ラインアイに付属品を付け

このことも本当に良く聞かれることで、ラインアイに始めから付いている「リング」についても良く説明を求められるひとつです。
 
TADには出荷の際にラインアイ、センター、リアアイにリングを装着した物が有りますが、基本は【ラインアイ】にリングを装着した物が少なく【無い状態の物】が多く有ります。
其れは、リングには、考え方が個々に違うからであり、交換は【ご自身が信頼しているメーカー】での交換をお願いしています。
またリングと同じように【スナップ】に付きましても、いろんなご意見がありますが、私のお勧めは【スナップ無し】の使用や状態を基本と考えておりますが、
20224213949.jpg
スナップをどうしても使用する場合は【スナップ本体がワイヤー】だけの物を使用し「スナップに金属製のカバー」等が付いている物はお避けください。
 
 

基本は直接結ぶこと

 TADの基本設定は、リングやスナップを使用せず、ラインアイに直接【直結び】をすることをお勧めしております。
この方法は、普段の商品テストでも同じようにやっているからで、リングやスナップが【ダメな物】と誤解する方もおりますが、そのようなことではありませんし、もちろんTADルアーにも、ラインアイやフロントアイにリングやスナップを最初から装着している商品も多数あるからです。
 
 

ルアーの調整は無理せず

 お話でよくあることがルアー調整で、【基本設定外】のことや【付属品】の調整【ウェイトを足す】などに関しては、あまりお勧めしないようにしています。
20224213850.JPG
理由としては「元々の設定からずれる」可能性がありますが、先ずは「どのような調整」をしたいのかを確認したあと、一連の作業をお伝えしますが、この段階で「調整が困難な物は」 お手を触れない方が良いと思います。
 
 
ルアーハンガー大切です
 ルアーにとって一番大切な部品でもあるハンガーのことですが、釣り場でいろんな方のボックスのなかを見せていただいた時もそうですが、ラインアイやハンガーを大切にし無い方が多く、びっくりすることが有ります。
20224214135.JPG
またプロと名乗っている方のルアーも… です。   
もう少し釣り人としてこの辺りも良く考えて見て欲しいものですね。
皆さんもルアーハンガー、ラインアイを大切にしましょう。
 
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。 
良い季節となりましたネ!   GOOD fishing
 
 
 

バイトトリガー系ミノー&JK

バイトトリガーは

 ルアーを如何にスリム系にすることから考え初めて!
ミノーやジャークベイトのサイズについて私の考えでは、スリム系タイプが非常に有効であるということは分かっています。
なかでも捕食者が一口で飲み込みやすい形状にすることと、このスリムタイプの考えは、他の方とは少し違った考え方も有ります。
2022330223433.JPG
その考え方が、昨今 と言っても2~3年ほど前のことで、良く聞く言葉が【バイトトリガー】と言う考え方です。
実際のバイトトリガーとは、少し違う考え方かもしれませんが、私なりの考え方は「動き」と「ルアーサイズ」にあり、TADが製作しているルアーのなかにも、この考えと良く似た物が存在します。
 
また本来のバイトトリガーと言う意味とは、少し違うかも知れませんが、。
この内容はTAD見解でのお話しです。
 
 

バイトトリガー系ミノー

 バス釣りの時に、ミノーやジャーク系ルアーで、迷うことがルアーサイズだと思います。
行きつけのフィールドのベイトサイズなどで「この時期に何をいちばんメインベイトとして捕食しているか」をまず先に考えることが、釣り人として凄く迷うことでもあります。
 
こんな時に私がお勧めしている「ルアーを選ぶ基準」が、「ボックス内に無いルアーサイズ」や特に「使ったことの無いサイズ」を、敢えてお勧めします。
当然、ルアーはTADルアーをお勧めすることが多くなりますが、それには大きな理由があり、TADの製作しているルアーのサイズと「アクション」にも理由があるからです。 
 

上手くいかないルアーもある

 一般的なルアーでは「プラルアー」はサイズは良いのですが、どうしてもアクションの「乱れが生じて」しまう物が多くあり、私が思う「バイトトリガー」を上手く成功させる「動き」アクションが上手くできないルアーがあるからです。
 
またもう一つが、ルアーのサイズで、大きさという表現より「フォルム」「シルエット」と言う表現の方が良く、このフォルムやシルエットがいちばんの「鍵」となることが多いからです。
コレは、そのルアーが「良くないアクション」だからでは無く、アクションを上手く出せないルアーだからであり、バイトトリガーを前提に「意識し」製作した物では無いからです。
 
それでも昨今、プラルアーにもバイトトリガーが上手く出せる物が多く有り、メーカーの説明書に記載されていると思いますので参考にして見てください。
 
バイトトリガー向きのルアーとはどのようなルアーか、お話ししますので【プラルアーで何となく似ている物を探す】ことも、新しいルアーの発見にもなると思います。
 
 

現場から生まれたルアー

2022330223543.JPG
 ルアー製作をしている経験から、TADルアーのひとつとしてラインナップしているルアーが、TADスリムBタイプ系ミノー&ジャークベイトで、このルアーのいちばんの特長が、細長く「背中側」バックの巾が細く「お腹側」ベリー部分を少し太くし全体的に無駄の無いストレートタイプに仕上げたルアーです。
上手く説明できなくてすみません。
 

ラインナップモデルを使う

 このように書くと、以前から『バイトトリガー』の事を知っていたように思われますが、この時はまだ全く知らずに、フィールドに立っていた時の経験から
【こんな時にどんなアクションが良いのか?】
【なぜこのサイズでは駄目なのか?】
【長さや太さに対し興味を持たないのか?】
【カラーリングの違いなのか?】
【止まっている時や浮き上がる時の姿勢や状態なのか?】  などをその都度書きとめ、次の課題として残し、新しいタイプの物として製作したからです。
 
 
なかでも少し変わっていた『データー』取りが、魚の【口内の大きさや口内の深さで、コレを調べている時は【流石に友人から、変な顔をされました。】
今思えば、この時にデーターを取っておいて良かったと思っています。
 
 

過去の経験からでも

 私も幾度となく「もう一つ、あと一歩」という所で逃した、悔しい経験があったからこそ、スリムBタイプ系ルアーを作るきっかけとなりました。
今では多くの方からこのタイプのご指示を頂いていおりますが、やはり生産が追いつかないことや、その都度、小さな問題も出てしまいます。
 
そのため少しずつではありますが製作しておりますが、もしこのルアーとの出会いが有りましたら是非貴方も使用してみて下さい。
 
 

チャンスはカラーリングにも

 TADスリムBタイプが無い時などでは、先ほども書きましたが、プラルアーでも対応できます。
2022330223825.JPG
 やり方は、なるべくアピールできる【サイズ】を使い、次に大切なことが【カラーリング】です。
カラーリングは、各地のフィールドや貴方の経験でよいと思いますが、私のアドバイスは【最低3色】はご用意して置いたほうが確実だと思います。
カラーリングは、ご自身の好みのカラーリングでも良いと思いますが、私が良いと感じるカラーリングも有ります。
 
それが【金黒】 【ブラウンバック系】
【ベイトシルバー】サイドがクリアブルーもしくはクリアピンク系のカラーに反応が良いと感じました。
このカラーリングは、各地で使用できると思いますが、クリアウォーターなどでは、ご自身の
【経験をプラス】することで、より良い結果が出せると思います。
私の知人達も、製作本数が少ないことを理解しているため、市販のプラルアーでやっています。
 
 
 

ファクターは一口サイズにする

 ファクターとは「要素」と「要因」のことで、要素は「サイズ」や「フォルム」「シルエット」にあると考え、要因は「カラーリング」「アクション」で良いと考えております。
ルアーフィッシング自体が全て、このファクターで成り立ち、成立することだとも言え、この条件が揃っていれば良いということになります。
 
 

バイトトリガーは意外とカンタンかも

 狙う魚の口の大きさで変わりますが、ルアーが
「スッポリ」とはいるルアーサイズを選ぶこと、またカラーリングは「なるべく捕食性に合わせる」か「アピールで魅せる」ということです。
ロッドアクションは「トゥイッチングの連続」
「クイックアクション」をいれて、時々口を使わせるための「間」を取ること、またトゥイッチグでは、必ずあえてルアーを瞬間的に止め、見せて「口を開けさせる」食わせの釣りだと理解していたたいても良いと思います。
 

釣り人の考え方として

 まだまだバイトトリガーについては、色々な考え方が有ります。
 
そんなに大きなルアーを使わなくても普通の
『100mm サイズでも出来るからやら無い』と言うご意見があることも事実です。
2022330224019.JPG
私の考えはそれほど難しい釣りでは無いと思いますが、何だか、バイトトリガーという言葉を
【少し難しいイメージにしている感じ】もしますし、魚の捕食慾を刺激するやり方で有ることは間違いありませんし、フィッシュイーターへの釣り方だと思います。
 
大きめのミノーやジャークベイトでのこの釣り方は、ルアーを操作することの楽しさが分かるやり方ですから、皆さんにお勧めします。
 
是非 次の釣行の際は、このバイトトリガーを『意識して』みるとビッグワンをキャッチするチャンスが増えると思います。
 
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。
 
 
 

ベイトのサイズを観察する

ミノーやジャークベイトのサイズ感

 
 TADミノーやジャークベイトシリーズはすでにご承知だと思いますが、ルアー名と材料「ブランク」ルアーサイズでの違いのご紹介です。
材料は【バルサ材】を使用した物としてご理解ください。
 
今回は、1番多くご指示されている、130mmを例としますが、実際に製作している物とサイズは異なりますが、基本的な考え方のひとつとしてご理解ください。
『例   長さ✖︎高さ✖︎巾130mm×20×15 』
 

TADのルアー名とサイズ

202232718184.JPG
トラウト用
  • ツィギー          100mm 〜150mm
  • オリジナル      70mm〜 230mm
  • ダガーミノー  45mm〜180mm
  • スリム             100mm〜 180mm
バス用 
  • ダガーミノー    70mm  〜280mm
  • オリジナル       70mm  〜 250mm
  • ジャーク           100mm〜180mm
ソルト用
  • エードミノー    100mm〜180mm
  • ダガーミノー    70mm〜  180mm
  • 湾紈ベイト       130mm〜180mm
  • スリムベイト    130mm〜 180mm
  このようにミノー&ジャークベイトシリーズが有りますが、ここにご紹介したサイズが全てでは無く、ほかにも各サイズにて数量限定品なども有り、また 素材によりプラス、マイナス「0.5mm〜10mm 」のモデルなども有り、リバートラウト用やリバーバス用の「貫通ワイヤー」サイズなどでも細かく変わります。
なおこの使用は、オーダー品だけの物となります。
 

サイズの使い分け方

 ではどのようにサイズを決め、使い分けをしたら良いのか。
先ずは基本となるオリジナルサイズの中から決めることをお勧めいたします。
 
サイズだけで見てしまうと、他のメーカーの物と一緒のように感じますが、メーカーそれぞれの「アクションが違うように」TADルアーも、別の物になります。
 

フィールドでの活動

 フィールドで、お会いした方には積極的に「声をかけ」その方が使用しているルアーを実際に見せて頂いたり、泳がせて頂いたりし、ルアーの特長を最大限に理解しようとします。
2022327182227.jpg
なかでも少し気になるルアーは、その場でお借りし、私が泳がせることもなどもやります。
  【チョイ投げ程度となりますが】
この時、まず初めにルアーサイズを確認する事がとても大切な事なのです。
 
その方が使用していたルアーサイズが【カギ】となることが多い事と、その日の【手持ちの】使用して無いルアーを見せていただく事などです。
もちろんこれはその方へのアドバイスになるようなお話しに繋げていくからです。 
 
ここでも 多くの方が【少し勘違い】をしている方が多く、ルアーボックスを見せていただくと、大体同じサイズのルアーしか「ボックス内に無い」と言う事です。
これも確かに、そのフィールドに合うサイズだけを持ってきたから、と言うことは、充分分かりますが
【釣れない】や【差、理由】が大体分かります。
 
例えば
 釣れない方のボックスの中身は、サイズが【ほぼ同じサイズしか】見当たらないのです。 
メインで使用しているルアーが80mm前後の中に、50mmや60mmなども多くなり、その逆の100〜130や150mmのルアーは、入って居ないや持っていないと言うことです。
また100mm 以上の物があったとしても「巾や太さ、高さ」以上に大きい物が入っていることが多く、このスタイルは、本当に良く見かけます。
 
 「このサイズを使用したことありますか?」   
聞くとほぼ90%の方が
  「釣れるルアーだから、購入しておいた方か良いと、友達や釣具屋さんに言われたから…」
などの非常に安易な答えが返ってきます。
2022327182325.JPG
 私からすると、その答えもオールシーズンで考えてみれば「間違い」では無いと思うが、実際フィールドで使用していた、ルアーやルアーローテーションの中に、果たしてこのサイズのルアーが入っていて良いかと言うことで、私がフィールドをみていた限りでは、100mm 以下のルアーの出番は無いように思えました。
 
どうですか?この様にご自身のボックススタイルにも! 似ているかもしれませんし、この方のように、多くの方が「罠」「負のスパイラル」に引き込まれてしまう方が、多くいる事も現実なのです。
ではこのスパイラルから抜け出すには、何が良く、何がいちばんのちか道になることなど、そのやり方をお話しします。
 

季節とベイト

 この場合は、本来「季節やベイトサイズ」を気にすることがとても大切だと言うことですが、このサイズに対し、勘違いをしている方が多いと言うことです。
先ほどのサイズと聞くと「全体の長さ」だけを見たりショップや友達から「売れているから」…などになります。
当然ルアーの全長も大切で、外せない要因で有ることは、間違いないのですが、私が本来、気にして欲しいことは「全長と厚み、高さ」の事です。 
2022327181916.JPG
 例えば、霞ヶ浦などの周辺では【ワカサギ】はすでに100mm から大きな物になると150mm を大きく超える物も少なく有りません。
 
そうなっても「釣り人」は勝手に季節や体感の事など忘れ、釣り師の想像でルアーサイズを、70mmや 80mm のサイズを選んでいます。
 
このことは、ある意味『マッチ ザ ベイト的の考え方からすれば、決して間違いない事かもしれませんが、実際のフィールドでの【ワカサギ】はビッグイベント「産卵」を終え、その後は…… ボトムに横たわるだけの魚となりますが、、、そのギリギリのワカサギを、捕食しようと次の「中型のフィッシュイーター」が現れる事になります。
そのため大型のフィッシュイーターは、弱ったワカサギを捕食しに来た【中型のベイト】を積極的に捕食しようとします。
  
これは自然界で、当たり前のサイクルや行動です。
もちろんボトムに落ちてきたワカサギも捕食しますし、ストラクチャーで、ジッとしている目の前にワカサギが落ちてきたら、捕食する事は間違いありません。
 
ここで一番言いたい事は「ワカサギ」も大きくなり、ルアーサイズの70mmや100mmでは無く、もう少し大きく成長していると言う事で、コレは各フィールドにより変わりますが、私の経験上、ほぼ間違えなくこのパターンとなります。
 
 

サイズの決め付けは駄目

 私も含めて、釣り人は勝手にベイトのサイズをルアーサイズで決めてしまう傾向が有り、これが私からすれば、メーカーやショップの【罠】だと言うことを、理解して欲しいと言うことです。
この事も各地のフィールドの季節などで少しずつ変わることかもしれませんが【基本はやはり基本です。】
202232718205.jpg
これも充分理解した上でルアーサイズを選択してみてください。 
決して70mm、80mm 、90mm 、100mm の小型や中型のルアーがダメだと言うことでは無く、フィールドを良く観察し、小型のルアーを何度か投げたあと、必ず大型のルアーも投げてから、良く様子を観察してください。 
 
きっとビッグワンに出会えるチャンスが増えるはずです。
 
 

トラウトやシーバスにも効く

 今回の内容は、バスのワカサギとしてお話ししましたが、実は【トラウトやシーバス】にも当てはまることで、ワカサギを他のベイトに変えてみれば良いだけのお話になります。 
2022327182119.JPG
 またラストになりましたが、最初のお話しで、幅と高さと言いましたが、私の経験からすると「細長く、体高がある」一般的な呼び方をすれば、【スリムタイプ】やフラットタイプの物がメーカーを問わず、このスタイルにいちばん近い物だとも思います。 
貴方がもう一つルアーを購入するのであれば、なるべく細身のタイプをひとつ選んでみて下さい。
 
今回のサイズの使い分けなどを参考にして頂ければ幸いです。 
季節はどんどん進みます。このチャンスを最大限に活かしてください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。  
 
Let's do good fishing and protect
the better natural environment,
hope you can do good fishing   
  TAD   Thank you
 
 
 

BAIT BLOG

BAIT FACEBOOK

BAIT TWITTER

BAIT INSTAGRAM

ABOUT BAIT

CAMPANY INFO 特定商取引に関する表記

SHOPPING GUIDE

CONTACT